猫と器
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
つばきざきかずお
随分ブログを書かずに、もう春がやってきてしまいましたね
なかなか梅が咲かず、急に暖かくなって、きっとすぐに桜が咲き始めることでしょう。

今日は大阪の海月文庫さんへ行ってきました。

椿崎和夫さんの作品展です。

昨夏に神戸の歩歩琳堂さんで初めて作品を見てとっても印象に残っていました。

いろんな素材を使って表現されるのですが、私は特に木と金属の作品に心が魅かれます。

今は海月文庫さんで新見南吉の物語を絵で表した作品展が開催されています。

すっかり忘れていましたが、新見南吉作「ごん狐」は小学生のころ授業で習いました。

1つの物語が1つの絵やレリーフになっていて「これってどんな話なんやろ?」と、改めて読んでみたくなりました。

新見南吉生誕100周年だそうです。

スポンサーサイト
[2013/03/09 15:11] | アートイベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
プロフィール

rubeta

Author:rubeta
兵庫県高砂市で陶芸をしてます。高砂名物”にくてん”大好き!猫とまったりし続けたい気持ちをグッとこらえて器やら作ってます。

EMAIL:kayozo44@yahoo.co.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。